ただのSEの備忘録

技術からニュース、くだらない雑学まで何でもまとめるブログ

*

eclipseを使ってコンテンツをアップしよう

   


前回google app engine for javaを利用するために、eclipseを使った環境構築方法をご紹介しましたが、次は環境構築が終わったeclipseで実際にコンテンツをアップしてみたいと思います。

(環境構築方法はこちら

 

早速プロジェクトを作ってみましょう。今回eclipseのAPIを使うことで、googleサーバーで必要なライブラリーを一通り取り込んでおいてくれます。

まずは下記ボタンよりプロジェクトを作成します。

[Project name]、[Package]の2箇所に名前を入力します。私たちは「content」「com.potechicontent」としました。まあなんでも大丈夫です。

入力が完了したら[Finish]をクリックします。

[Project name]で入力したプロジェクトが作成されます。

(プロジェクト名になるのでやっぱり真剣に名前考えなきゃですかね(笑))

 

このプロジェクトを早速実行してみましょう。プロジェクト名を右クリックして、[Run As]-[Web Application]をクリックしてください。

スポンサードリンク

しばらくするとコンソールに「http://localhost:8080/Contents.html」へアクセスしてね

と出るのでアクセスしてみてください。

これでローカルでの起動は完了です。

 

では次に自分のコンテンツをアップしたいと思います。

プロジェクトを選択し右クリック-google-engine settingsを選択してください。

 

ここで事前に Google App Engine のアプリケーション ID (Application ID)が必要ですので、準備をお願いします。

(google app engine for javaの登録方法はこちら

そして、設定が完了したら右クリック-googledeploy app engineをクリックします。

これでgoogleサーバーへ接続、自動でデプロイを行い、晴れて一般に公開されます。

デプロイが完了するとURLが出るので、クリックすると自分のページが表示されます。

これで公開までの設定は終わりです。

(ちなみに私のはこちらになります→http://1-dot-kenisfriendly223.appspot.com/

続く..

 - Java