ただのSEの備忘録

技術からニュース、くだらない雑学まで何でもまとめるブログ

*

おすすめのベッドはこれだ! レガリア(REGALIA) レビュー 「確かに究極の寝心地と至福の眠り」は本当です!

   


(1)購入に至るまでの経緯

そもそもなぜベッドを買ったかと言うと、二人暮らしを始めたに伴い購入しました。

以前は一人暮らしのためシングルのベッドで寝ていました。シングルベッドはニトリで2万円程で買った、標準的なベッドになります。

二人暮らしを始めてからもしばらくはそのベッドを使用していましたが、まあ肩がぶつかる(笑)

そこで、購入しようと考え始めた訳です。

(2)肩こり、偏頭痛が治るベッドは無いか調べました。〜レガリアとの出会い〜

買うにあたって、ベッドを買うのであれば睡眠に関するある悩みを一つ解決したいと思っていました。

それが、肩こりからくる偏頭痛です。

もともと特別頭痛に悩まされる事はありませんでしたが、1年程前から、SEとして働きはじめ、目を酷使するようになりました。

それが積もり積もって、最近はふと肩から首にかけて詰まる様な感覚に教われ、筒鵜がおきる様になりました。

まず私がベッドを選ぶ上での条件はポケットコイルであること、としました。

ポケットコイルとは、スプリング一つ一つが独立している動きをする為、体の負荷に合わせて各コイルが適切に体圧を分散させてくれます。

image2

 

 

image3

左がポケットコイルで右が安価なコイル(ボンネルコイル)です。

ボンネルコイルの特徴は面全体で支える為、体のラインに沿ってフィットしてくれません。その分安価となります。

肩こりなどには特に寝姿勢の負担も関わってくる為、ポケットコイルを選択しました。

早速良いベッドを探しにいざ、大塚家具へ

大塚家具ではお手頃な物から、高級品まで数多くを取り揃えています。

私が当初狙っていたのがシモンズのベッドでした。

ポケットコイル生みのメーカーで、ボウリングの玉をベッドに投げても、ピンが倒れない、のCMでおなじみのメーカーです。

高い物は高いですが、お手頃な値段でも展開しているので、寝心地を体験しにいきました。

そこで初めて寝た時の感想は、、「あれ?かたい」でした。

ふんわりと包み込まれる様な物をイメージしていましたが、包み込まれるのを実現するには、100万円以上でないとだめ。。。

なんてこった!と落ち込んでいた時に紹介されたのが、「レガリア」シリーズでした。

image4

 

あまり聞き慣れないメーカーかもしれませんが、「キングスタウン」社と大塚家具が共同開発で作ったブランドで、

日本人の眠りを徹底追及した物になります。

ラインナップは安い物で10万円程からありお手頃価格でも買えます。

当初は知らないメーカーだしなーと思いつつまずは20万程のランクのに寝てみる事に。すると、「あれ?柔らかくてきもちいい。。」

ふんわりと包み込んでくれる理想の寝心地の中に、ただ柔らかいだけではなくしっかり体を支えてくれるホールド感。

何だこの安心感は!と、気づいたら虜になっていた訳です。さらに私は187cmと身長が高いのですが、ダブル、クイーンがロングサイズ(奥行き215cm)を展開しており

足も飛び出る事もありません。

トータルで見た際に、この時点で買うならこのメーカーにしようと決めました。

次に、その上のシリーズ、「グランデュールプレミア」に寝てみました。

「あれ?もっと寝心地が良い。。」

スポンサードリンク

上のランクでは、コイルが良くなり、さらに高級ベッドで使用されるラテックスがふんだんに入ってるとの事。

値段は、クイーンで90万円程。。。予算の3倍以上。。でも、その価値がわかった様な気がしました。

最後に、記念に寝かせてくださいと言って頼んだのが、レガリア最高峰のベッド「REGALIA」。

image5

 

圧倒的存在感です。。寝てみると「もはやベッドではない(笑)」

プロのスポーツ選手や芸能人がよく買うこのベッド。寝心地は雲に乗っているかの様。聞けばラテックスを2段重ね、マットレスコイルはシモンズを上回る質、

さらに、ボトムの作りも妥協せず、枕無しでも体にフィットする作りでした。

お値段は148万円。。。到底かえません。が、これがこのベッドとの出会いとなってしまったのです。

(3)購入から現在〜睡眠ですべてが変わりました。〜

そんなこんなで、148万円のベッドにほれた訳ですが、到底そんな金なんか無い訳です。(最初のシモンズの最高級品より高いですね。。)

やんわりそんな話をすると、「2年間程仮注文でとっておけますよ〜しかも辞めたい時も手数料0です。」とのこと。なにー!

ちょうどその頃アベノミクスで円安に傾いてた時期、輸入品は為替の影響を受けやすく、ベッドを買う頃には、もう少し値上がりするとの事。

かえないのはわかりつつ、もしかしたら、解約金もいらないなら、と言う訳で仮予約だけしてみました。とほほ。

それから半年〜

やはり、二人でシングルベッドはかなり辛く、頭痛も悪化。早く大きいベッドを買いたいと思い、安いベッドでも良いので、大塚家具に行って選び直す事にしました。

まずは、20万円程のクイーンサイズから。うん、これもいいね。次は40万。いいね。。。。

左を見るとあのベッドが、、「最後に寝ておこう」と言いながら寝てみると。。やっぱり格が違う。

どうにかかえない物かと思っていると、展示品なら安く出来るとの事!

試しに値引き後の価格を聞く事に。「80万円」。60万円も値引きを行ってくださいました。

80万円で最高級の寝心地。。悩んだあげく購入を決めました。

今回このベッド買っていただけたらいろいろサービスしてくれるとの事でしたので、枕、シーツ(クイーンだと意外と高い)等5万円分をサービスしてもらい、

さらに4万円分の商品券も頂ける事に。実質70万円程でかえた事になります。大きな決断でしたが、無事買う事が絵来ました。

家に来た時がこちら。

image6

 

6畳部屋にただならぬ存在感

そして何よりの所有感。寝るのが楽しみでしょうがないです。

そして、実際の寝心地はというと、びっくりするくらいすっと寝られるようになりました。朝起きると体が軽く、疲れを次の日に残しません。

また、肩こりも軽減されました。疲れて帰って来ても次の日は元通り、一日が快適になります。

ベッドを勝手の感想ですが、よくある売り文句「ベッドは人生の3分の1使う物だから良い物を」が、納得出来ました。

安価な物で、毎日疲れを残すなら、多少値が張ってもそれ以上の幸せをこのベッドはもたらしてくれました。

私は今バイクを所持していますが、乗り物よりこのベッドをもっと早く買えば良かったと思ったくらいです。

今回は私が買った、一番高いシリーズのベッドのレビューを書きましたが、大塚家具で寝た感じだと「レガリア」シリーズは日本人向けに作られているだけあって、どれも寝心地は最高でした。

皆さんもベッドを選ぶ時が来た際には、是非「レガリア」のシリーズも参考にしていただけたらと思います。

レガリアに合った布団のレビューはこちら>

 - 未分類