ただのSEの備忘録

技術からニュース、くだらない雑学まで何でもまとめるブログ

*

java|servletでページ遷移ではなく値を返却する方法|JSONで返却しよう

   


servletでページ遷移を行うことが普通ですが、アプリ開発のコンテンツ側のように、URLで渡して値を返却したいときの記述をまとめました。

さらに、返却先で使いやすいようにJson形式で返したいと思います。

スポンサードリンク

 


package server.action.moto;

import java.io.IOException;
import java.io.PrintWriter;
import java.util.List;

import javax.servlet.ServletException;
import javax.servlet.http.HttpServlet;
import javax.servlet.http.HttpServletRequest;
import javax.servlet.http.HttpServletResponse;

import net.arnx.jsonic.JSON;
import server.bean.moto.MotoBean;
import server.logic.GetGarageLogic;

public class GetGarage extends HttpServlet{
GetGarageLogic logic = new GetGarageLogic();
public void doGet(HttpServletRequest req,HttpServletResponse res) throws IOException, ServletException{

//kwをパラメータで受け取りロジックに渡しています(ここは自分の行いたい処理です。)

String kw = req.getParameter("kw");
List<MotoBean> list = logic.getGarage(kw);

res.setContentType("text/plain");
res.setContentType("text/html; charset=UTF-8");

//返却値を渡すための宣言

req.setAttribute("list", list);
PrintWriter writer = res.getWriter();

//jsonicのjarを読み込んでJsonStringに変換しています

writer.print(JSON.encode(list));
}
}

 - 開発